これからの学びの評価をデザインする‐Learning Creators As Designer-「6Csのメガネをかけて学びを評価しよう!」

投稿日: カテゴリー: お知らせ

LCL Open Labのご案内です。

学校教員、学校外での学びを創っている方、保護者、企業や自治体での学びに関わる方などを対象に、新たにアメリカで提唱された「6Cs」の評価方法を学ぶプログラムを開始します。『科学が教える、子育て成功への道』(扶桑社)で提唱されたこの理論を、教育者として採り入れるだけでなく、実際に評価にまで落とし込みます。

今回は、『探究する力』(知の探究社)、『科学が教える、子育て成功への道(翻訳書)』(扶桑社)の著者・翻訳者であり、NHK Eテレ高校講座「総合的探究の時間」及びNHK for School 「メタモル探偵団」企画・監修・出演を行う、探究学習の設計・実践・評価のエキスパート、市川力先生が直接深く関わる少人数の特別プログラムとなります。

 

【日時】
2018.07.28(土)
14:00〜19:00 / 8月18日(土) 10:00〜18:00 / 10月13日(土)14:00〜19:00 の全3回参加必須

【場所】

amu

東京都渋谷区恵比寿西1-17-2

交通アクセス
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン 恵比寿駅西口 徒歩4分

http://www.a-m-u.jp/access/

 

*********

教育現場では、アクティブラーニング、主体的で対話的で深い学び、探究。ビジネス現場では、成長するマインドセット、クリエイティブでイノベーティブな発想。学び方、教え方、働き方、そして生き方そのものに関わる価値観を大転換せざるを得ない状況に私たちは追い込まれています。AIによる代替機能がヒトのあり方を変え、さらには人生100年時代にライフシフトしつつある中で、この流れが加速することはあっても後戻りすることはないでしょう。

新たな価値観をつくりだす時代を不安な時代と受けとめるか、冒険的な時代と受けとめるかで、人生における幸せが決まると言っても過言ではありません。ではどうすれば不確実を糧として生きていけるのか。そのカギは、今、歩いているプロセスそのものを見つめ、先の見えないプロセスを歩みながら考え行動するのを面白がるマインドセットを育む必要があります。そのために用いるのが6Cs = Collaboration・ Communication・Content・Critical Thinking・Creative Innovation・Confidence です。どれ一つとっても珍しくなく、むしろ「それが大事なのはわかっているよ」という言葉かもしれません。しかし、この当たり前と思われる6つのスキルこそ、今、重要視されている非認知スキルと認知スキルとを融合し、これからの幸せ、成功する人生を支えるマインドセットの基盤となるのです。これら6つのスキルをメガネとして、学び・働き方・生き方のプロセスをふりかえり、評価し、次の進み方を考える。そんな日常を積み重ねることでクリエイティブで探究的なマインドセットが育ちます。「子育て成功への道」とは自分の中にある「子ども」の感性を「育て」、新しい価値観に根ざした「成功」を再定義し、生き続ける「道」。その「道しるべ」である6Csについて理解を深め、実際に活用するところまで行う、ただ学ぶだけでは終わらない、実践するワークショップです。

詳細およびお申込みはこちらからとなります。

http://www.a-m-u.jp/event/201807_6csevaluation.html/

※課題提出はお申込みの時点では必要ありませんが、申し込んでおくと事務局からリマインドなどご案内を差し上げます。